藤倉造園設計事務所

自然に還す

武蔵野の一角・府中市浅間町に構えている事務所の近くには比較的自然が多く残されています。

武蔵野の雑木林の面影を残す浅間山公園、はけと呼ばれる河岸段丘とその下に流れる野川一帯。

ここ野川公園では風土に適した在来種の樹木や山野草を観察することができます。

東八道路を挟んで北側にはこのような木道の散策路があり、

南側には雑木林と芝生が広がっています。

ここは、もともとゴルフ場だった場所を昭和49年に買収し、

その周辺の神代植物公園、武蔵野公園、多磨霊園、調布飛行場、浅間山公園、府中の森公園などの

緑地を含め「武蔵野の森構想」のもとに造成を行い、昭和55年に開園したようです。

かがみ池にかかる残照のモミジです。

百合の実も種を飛ばす準備万端です。

日本においては、ゴルフ場は企業の接待に多く利用され、バブル景気時代に建設ラッシュが起きて、

リゾート法がその後押しをするようなこともあって、1990年代には日本のゴルフ場の総数は

2000を超えたとも言われています。

この多すぎるゴルフ場を少しずつ自然に還していくことが、一世代前の時代の反省を鑑みて

私たちの世代にできることの一つなのかもしれません。

野川でも、川沿いに湿原や貯池、田んぼなどを復活させる自然再生事業を行っている

という看板が立っていました。

まさに自然そのもののような美しい風景を作り出す庭師の故・道家健さんは、

座談会「飯田十基の精神」の中で、

「庭を作ってきた技術でもって、壊してしまった自然を再生する方に活用できればいいと

願っています。」と述べ、

庭を作るというよりも、風景を自然に返納していくことの必要性を語っています。

コスモスが風に揺れる野川っぺりを歩きながら、そんなことを思い出しました。

来年もまたありがたいことに、既に何件か、お客様の家の新しい住空間作りを依頼されています。

そこで私たちにできることは、庭を作るというよりは、その地の風土を感じ、

在来種の木を、自然に還すという意識を持って植えることなのかもしれません。

野川から見るすすき越しの夕焼けです。

そんなことを考えながら、「はけ」の辺りを歩いていると、こんな屋台を発見しました。

火鉢と鉄瓶で沸かした小金井の井戸水で、豆を手動で挽いてコーヒーを出してくれる

「ドアのない喫茶店『珈琲屋台 出茶屋』」(http://www.de-cha-ya.com/)です。

日替わりで小金井近辺に店を出しているようで、一度通り過ぎたものの、

ものすごく気になって戻ってコーヒーを注文しました。

使っている道具の一つ一つが味があって、見ていて楽しく、炭火の遠赤外線にあたりながら、

美味しい美味しいカフェラテをいただきました。

どうも、ありがとうございます。(T)

日々の慈しみ

千葉県野田市に資材を仕入れに行った折、上花輪歴史館に寄りました。

創建当初の雰囲気を再現するために、しばしの休館期間を経て今年リニューアルされました。

この木賊垣は、釘を使わずに施されたもので、寸分の隙間もなく驚嘆するばかりの技術です。

贅を尽くして作られた館内は、どこもすごいな〜と感じずにはいられない技巧が施されていますが、

そんな見所とは違う場所でふっと胸の力を抜いている時に、

思いがけずどーんと心の奥底に響いて、すっと体に入ってきたのは、

おそらく作り手の作為の及ばないであろうこんな風景でありました。

館内では常駐スタッフが、落ち葉を掃き、萩をまとめて紐でくくり、

はびこっているゼニゴケに刷毛で食酢を塗って退治し、隅々まできれいに保っています。

醤油作りの道具や当時を偲ばせる道具も、

過去のものとは思えないくらいきれいな状態で保たれていて愛情を感じます。

庭でもそうであるように、一年に数度しか伺うことができない私達植木屋の手入れは、

良い空間を維持するためのほんの一助であって、そこに住まわれる方の日々の慈しみこそが、

何よりも心を打つ風景を生み出すのだなあと、そんなことを感じた素晴らしい歴史館でした。

資材を山梨県上野原市・陶陽庭へ運ぶと、少しですが紅葉が始まっていました。

ムラサキシキブは、紫色の優美なさまを源氏物語の作者になぞらえたとされています。

隣の敷地は、植林された杉林ではありますが、こうして柔らかい光が差し込むと美しいものです。

ここ陶陽庭は、放置された遊休地を買い取り、今日まで十年間かけて少しでも、

もともとこの地にあったであろう美しい雑木林に近づけようと木を植えてきたところです。

毎週末通い小屋を建て、少しずつ少しずつ育ててきました。

お客様からの頂き物や、町の解体現場から引き取ってきたものを主体に構成し、

私達の純粋な思いだけで、慈しんできた場所です。

そんな「空間作りの軌跡」は、

このホームページの「作庭例」の中の「陶陽庭」にも掲載されています。

全くの更地の状態からの変遷、四季折々の風景が分かります。

私達の思いの結晶ですので、ぜひご覧ください。(T)

 

 

未来の笑顔のために

山梨県上野原市の陶陽庭で、過ぎし夏の日には、

このように威勢良くピンピンしていたヤツガシラの茎も

幾度かの台風を経験し秋も深まった今では、しなっとしてきました。

芋の収穫は一霜浴びた十一月頃になりますが、

一足先に地上部分の茎・ずいきを収穫しました。

皮を剥き一週間ほど日干しにして、美味しく美味しくいただきます。

主役の芋の部分だけではなく、副産物のずいきも無駄にすることなく、

秋の食卓の脇を固めます。

今年始めに寒仕込みをした味噌も、暑い夏を乗り越えて良い加減に醗酵が進み、

リンドウが庭に出てくる今、食べ頃となりました。

田楽味噌にしていただくと、寺田本家の米麹を合わせ半年以上の歳月を経て熟成された

この味噌は、噛むほどに味わいが深く手前味噌ながら滋味があるように感じます。

そんな寺田本家も出店している「土と平和の祭典」が、先日日比谷公園で行われました。

加藤登紀子さんや高野孟さんが世話人を務めるこの大地へ捧げる収穫祭は、

有機的な農的生活を国民的規模で作り出し、持続循環型田園都市と

里山往還型半農生活を創造して国民皆農運動を行うことを目標の一つにしています。

意識の高い農家や団体が多数出展し、音楽がそれを彩ります。

芝生広場の真ん中に組まれた竹のジャングルジムには子供たちが登り、

その上から音楽を楽しんでいました。

加藤登紀子さんは戦後日本が復興できたのは、田舎に健康な「土」と「水」があったからで、

そんな命の源さえあれば大丈夫と以前から言っていました。

しかし、その「土」と「水」が汚染されてしまった今は、現実から目を背けず

絶望しなければいけない状況であるけれど、その中でも希望を失わず

絶望に立ち向かうための力をつけなくてはいけないと言っていました。

このお祭りは、農家を中心に、どうすれば子供達の未来を笑顔で満たせるように

できるかを考え、土にまみれ、大地にしっかり根を張って生きている人達が集まっていました。

各分野で、いろいろな方々が懸命に活動されていますが、

そんな未来のために、植木屋としてできること、植木屋にできる社会貢献とは何なのだろうと

考えるお祭りでした。(T)

 

木を読む

武蔵野市吉祥寺の現場でも、秋晴れの中、やっと植栽の日を迎えることができ、

この日まで辛抱強く待っていただいたお客様には感謝の念が尽きません。

この現場は、ウッドフェンスの塗装を家と同じ色の自然塗料で施し、

リビングを囲み込むような高いフェンスを中心に、段違いのフェンスが重層的に並びます。

フェンスだけができた時は、それだけがデーンとそびえ威容を放っていましたが、

木々が入ることで、調和がとれてきました。

作庭という言葉こそありますが、庭は作るというよりは、

バラエティに富む木の特性を読み、その良さを引き出していくものかもしれません。

それらを組み合わせることによって、木々の持つリズムが複雑に絡み合って、

響き合い共鳴していきます。

午後になると、家に映し出された木々の陰が心地よい風に揺れ、

家と庭の協奏曲が奏でられます。

リビングから見ても、道路からの視線をしっかりと遮られた空間は

市中の山居を思わせます。

石臼を置いたこの場所には、庭主様のお好みで水鉢などを置いていただき、

水を貯め、メダカを飼ったり、鳥が水浴びできる場所にしたりと

自由に楽しんでいただきます。

リビング前から奥へと続く蛇行した小道は、起伏を付けて山道のようにして、

二人のお子様が駆け回っている姿を思いながら、描いていきました。

扉を閉めているとこんな感じに見える玄関へのアプローチ。

扉を開けると枕木と御影石、ピンコロ石で合わせた三和土から

奥へと続く来客用の駐車場も目に入ります。

この奥には、まだ構想段階ですが、草屋根の自転車小屋を建てる計画もあります。

そして、庭の裏側には二期工事として木を植えコンポストを作る予定なのですが、

それまでの仮設のものとして、余った材料だけで作ったこのコンポストでしのいでいただきます。

植栽当日、二人のお子さんが学校や幼稚園から帰ってくると、一通り庭を楽しそうに駆け巡って

その後は、飼育している沢山のクワガタの中からお気に入りのものを持ってきて、

この庭で一番大きなコナラの木に放してスケッチしていました。

クワガタが木を登り子供たちの背の届かないところまで行くと、

とってあげて又下の方に放すという楽しい繰り返しを何度かすると辺りはもう真っ暗でした。

一植木屋としてできることは、木を読み、そのエネルギーを引き出して、

各々が健康的に響き合っていける手助けをすることなのかもしれません。

そんな庭が権威の象徴ではなく市井の人々と密接に関わり、街に森を作ることによって、

通りすがりの人も楽しめ、何よりも庭主様ご家族の暮らしを豊かにするものであれば

植木屋冥利に尽きます。(T)

 

 

「はけ」を歩くと

藤倉造園設計事務所を少し北側へ行くと、「はけ」と呼ばれる国分寺崖線が

東西に走っています。これは、西は立川市から東は世田谷区まで延びていて、

「はけ」というのは崖下から清らかな水が湧く場所を指しています。

その線上には、「滄浪泉園」や「はけの森美術館」、宮崎駿監督の「借り暮らしのアリエッティ」の

モデルにもなっていそうな民家などがあり、楽しく散歩できます。

小金井から、「はけの森美術館」を抜けて、武蔵野公園あたりまでいくと、

その延長線上に公園と見まがうとても大きなお屋敷があります。

今日は、その邸内を見せていただくことができました。

門からのアプローチの石畳です。

苔が乗っていて、とても美しいです。

もともとの雑木林を生かして、「はけ」の上から下まで庭は広がります。

武蔵野本来の自然な植生の中に、人間の暮らしの場として、さりげなく石畳が佇んでいます。

いつまでも見ていたい、あられこぼしでした。

この「はけ」を包み込む雑木林を、人間の暮らしの中へ取り込むための接点として、

「庭」にしたのは、雑木の庭の先駆者・飯田十基さんとその門下・星進さんです。

貴重なものを見せていただき、どうもありがとうございました。(T)

人の気持ちの真ん中に届く

この6月に、板橋区のある店舗前の小さなスペースに植栽をするお仕事をさせていただきました。

モミジを主木に、エゴ、ダンコウバイ、ツリバナ、アズキナシなどを自然な感じで植えました。

今日、仕事が終わった後に訪ねると、日も短くなったせいか、

初めてライトアップされた夜景を眺めることができました。

この店舗の名前は、「桐乃坂中央軒」。

「中央軒煎餅」の新ブランドです。

「中央軒煎餅」の前身の煎餅屋さんはもともと赤坂にあって、

その地域には、桐の木がとても多かったそうです。

桐は高級家具の代名詞である他、女の子が生まれると桐の木を植え、

結婚する際にその桐で箪笥を作り嫁入り道具とする風習などが日本にはあります。

ここ「桐乃坂中央軒」の庭にもシンボルとして、小さいながらも桐の木を植えました。

大きなモミジなどの傍らで、小さいながらも主役であるこの桐の木は、

象徴的にライトアップされ、煎餅を買いに来られるお客様を迎えます。

このお店が満を持して、来る10月11日からオープニングイベントを開催します。

「中央軒煎餅」では、「人の気持ちの真ん中に届く、上質な米菓子をつくり続ける」ことを

一番に考えていらっしゃいます。

そんな煎餅を頬張る道すがら、私どもの作ったちょっとした庭も、

ちらっと目の片隅にでも入れていただけるとありがたいです。(T)