藤倉造園設計事務所

標高少し高め

DSC_5087

壁式RC造2階建ての住宅。久しぶりに地元府中での庭づくりでした。

西側隣地には13階建てのマンションが建ち並び、

今後東側の近隣に高さのある建物が建つことが想定され、

外部からは閉じ、内部からは開くことを意識されて設計された住宅。

高層化が進む周辺環境の中で、プライバシーの高い内部および外部空間が設けられています。

DSC_5089

3つの棟から3つの庭が眺められます。

その中のひとつがプライベートな中庭(坪庭)です。

玄関を開けてはじめて目にする空間。

この現代的な建築の外部空間に、どのような空気感を漂わせていくかが大きな悩みどころでした。

以前つくられていた庭を解体して土地を整えていきます。使えるものは全て使っていきます。

DSC_5135

オーナは以前から骨董などに興味があり、センスの光る数々の品を集めていらっしゃいました、

その中に大振りの水鉢や山梨県の四半石などの石材もありました。

保管されている八ヶ岳の別宅を目指して、

たのしくドライブしながらお話させて頂きました!

DSC_5125

結構な石の量ですが、収めるところに収めれば、

小さなスペースにもすんなりと納まります。

DSC_5348

そして竣工。

イメージしたことは、標高を高く上げていくこと。

現代の都会的な建築とのギャップを意識しました。

里山よりも、少し人里離れた空気がながれるような感じです。

DSC_5337

四方から眺めることのできる中庭は、景色が展開していき、

小さなスペースではありますが、狭さを然程感じさせません。

DSC_5332

玄関を開くとお地蔵さんが出迎えてくれます。

安住の地に鎮座したようです。

DSC_5304

階段を上がっていくときの景色。

写真では伝わりづらいのですが、高低差がかなりあります。

全ての水はこの水鉢のところで浸透処理しました。

浸透させることでしっとりとした潤いをもたらします。

水鉢も庭の面積にしてはかなり大振りですが、良い雰囲気を出してくれています。

DSC_5308

商業地であるため開発となると、多くのみどりがどんどん失われています。

その中で小さな3つの庭のみどりが、爽やかな風に揺れています。

感性を信頼していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

気持ちよく集中して打ち込むことができました。

将来はもう少し、渋い空間にしていきたいですね。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。

みどりあってこその家

立夏を迎えました。

朝陽に照らされて若葉の夜露がきらきらと光り、さわやかな風に揺れています。

陽の光は一年の中で最も強く、夏の始まりを感じさせる季節となりました。

私は現場と設計に追われていて慌ただしく、なかなか体を休めることは出来ずにおりますが、

充実した日々を送っております。

設計依頼でお待ちいただいているお客様にはご迷惑をおかけしております。

順次、設計案が整いしだい提案させていただきます。

 

DSC_4750

最近は嬉しいことに建築の前から造園設計のお話を頂き、

ご相談を受けることが多くなってきました。

都市部では土地にも限界があるので、家の振り方や玄関の位置などについて

『アプローチはこんな感じで、駐車場はこの場所にしましょう!』とはいきませんが、

配管の場所や電線の位置などは動かす提案は出来ます。

 

この経堂のTさんも、心地よい暮らしにはみどりしかないと考えて頂けて、

土地購入後間もなく連絡してくださった方のひとりです。

小さいスペースですが、潤いのある環境に整えようという気持ちが込み上げます。
DSC_4791

建築竣工とほぼ同時に造園着工。

やはり建築だけでは威圧感があり、造園スペースも小さく見えます。

玄関までの距離も短く、面白みがありません。
DSC_4912

みどりの力はすごいものだと毎回の様に感じています。

みどりという命が入ることで潤いをもたらし、住まう人はもとより

通行人の方々にまで豊かな気持ちをもたらしてくれます。

植栽は劇的に環境を変えてくれるものなのです。
DSC_4915

玄関までの距離が長く感じられます。

足元を少し工夫するだけで楽しくなります。

木漏れ日もゆらゆらと躍りだします。
DSC_4957

原色の赤の立水栓。少し現代の庭らしい

良いアクセントとなりました。
DSC_4959

このような住まいの庭が多くなり

みどりでつながっていくと、街も豊かな環境になっていくのでしょう。

暮らしの住環境を楽しく美しい空間にして、

少しでも多くの人たちに、みどりに興味を持っていただけたらうれしいものです。

 

これからがスタート

一月下旬よりスタートした松戸市常盤平のTさんの庭。

道路から玄関までは、ある程度の高低差があります。駐車場2台分と駐輪場を含めた前庭です。

 

住まいの限られたスペースを有効活用し、

“楽しめるみどり豊かな環境にしていくことが私たちの努め”

と言い聞かせながら望みました。(常にその気持ちではいるのですが。。。)

何もなかったスペースに樹木が植ると、勢いと潤いが増します。

木には大きな力があります。その大きな力を最大限に引き出して命を吹き込んでいきます。

命の吹き込まれた空間は独特の空気に包まれます。

今はまだ線も弱く頼りない樹木たちも、今後勢いを増しながら豊かな環境を整えてくれます。

駐車場は当初、土を固める手法の三和土を予定していましたが、Tさんと何度も相談を重ねた結果、

水を存分に吸収できる野芝での仕上げとなりました。

メンテナンスをするご主人の仕事は増えてしまいますが、

みどりで繋がる駐車場は庭の面積の広い空間を引き締めてくれる効果があり、

コンクリートで固められたものにはない環境を与えてくれます。

水を打つと枕木やレンガ、芝生も生き生きとしてきます。

芽吹きの季節が楽しみでなりません。

場面場面でさまざまな決断を一緒に考えてくださったご主人。

楽しいアイデアや使い勝手の話をしている時間は楽しいひと時でした。

そして、最後の仕上げはご家族と一緒にポストの設置です。

息子さんと楽しそうに取り付けている姿を眺めていると、

嬉しさともう終わってしまう寂しさで複雑な心境になりました。

今年は冬らしい寒さの中での作業が多かったのですが、

気が付けば馬酔木(アセビ)の花が咲き始めています。

もう春はすぐ近くまで来ているのですね。

完成を迎えましたが、これからがこの庭のスタートです。

完成が庭のピークではありません。

10年後20年後の未来に向かっていく暮らしの庭は、

美しく気持ちのよい空間であるべきだと思います。

現状よりも快適な環境を整え、潤いのある住環境として、暮らしの中でさまざまな発見や

思い出を刻んで過ごしていただけたら幸いです。

 

あたたかく仕事を見守ってくださったご家族の皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

今後もどうぞ宜しくお願い致します。

育む空間

 

今年に入り、雨もなく乾燥注意報が出されていた東京でしたが、

今日は辺り一面の雪景色となりました。

静寂に包まれた雑木林にこんこんと降り積もる雪。

新雪で『キュッキュッ』と雪鳴きを響かせながら歩くのも楽しいものです。

山は静かに時を刻んでいますが、交通網は大混乱。

今日こそはお客さまの庭の雪景色を眺めようと意気込んで車に乗り込みましたが、

スリップをしている車などで渋滞の嵐。

予定していたお宅は全部回りきれませんでしたが、事務所近くのお宅を二現場訪問しました。

7年目の冬を迎えたTさんのお庭。

樹木も雪の重さに耐え、しっかりと大地に根を張り力強く成長しています。

昨年は害虫被害もさほどなく、年々健康な庭へと環境が改善されてきています。

こちらは2年前に作庭させていただいたSさんのお庭。

全体的にまだ幹の線が弱く雪の重さでしなった枝が目立ちましたが、

折れることなくたくましく生き続けています。

昨年はオオデマリやムシカリに害虫が発生しましたが、根気よく手で取り除き、除去したそうです。

愛情をかけ清潔に保っている庭は年々健康になり心地の良い空間になっていきます。

雪は余分な色彩やものを消しさり骨格を浮き立たせます。

引き算の美学なのでしょう。

飽きのこない空間づくりにはこのことを頭にいれてデザインしていかなければなりません。

そこにみどりの力を有効に活用できる知識とセンスが問われてきます。

言うのは簡単なのですが難しいことです。。。

与えられた空間に命を吹き込み、育んでいく庭にはある意味完成はないのかもしれません。

自然と一番身近に触れ合い楽しめて居心地の良い空間でなければならない庭。

10年後20年後100年後の未来の姿を見据えて提案提供し健康に保護育成していく為には

『もっと五感で自然と向き合って精度を上げていかないといけない』と改めて思った初雪でした。

 

渋川の庭 完成


渋川での庭づくりが完成を迎えました。

門を開けた瞬間から『深山』を意識できるような空間づくり。

毎回思うことですが、庭が仕上がっていくにつれて嬉しさと同時に

『もう終わってしまう』という切なさも感じます。娘を嫁に出す気分なのでしょうか。

このような気持ちが生まれた時ほど、自分自身も納得できていることなのでしょう。


門をくぐり左手に行くと自宅玄関、右手に向かうと陶芸工房(むくり工房)があります。

この玄関と工房をつなぐ外廊下が、この空間では一番の見所になります。

長方形の中庭を一番広く見る事ができ、

近景として大きなアズキナシを植え込んだことにより、さらに空間が広さを増しています。

目隠しなどの制約はありませんでしたが、工房に接続している廊下から

将来大きな釜を出し入れしなければならない、との話がありました。

本当に大きな大きな釜で、大人数人での出し入れとなるそうです。

釜を出し入れするスペースをつくるため、大きなテラスを設けてあります。

広いスペースを確保した事で圧迫感などもなく、しっとりと風のそよぐ空間が生まれました。

そして今回少しだけこだわったのは、粘土。

日々粘土を扱う場所であるからこそ、造園としても粘土を利用してあります。

むくり工房の室内からガラス越しに眺める景色もまた格別です。

陶芸にも数多くの工程があります。確実に妥協なく、

一つひとつ心を込めて作品へと導いていきます。

この何週間か作品づくりに向かっている姿を目の当たりにして来ましたが、

凄い集中力で圧倒されました。その姿を見て私たちも気を引き締めた次第です。

みどりが自然に眼に入り小さな森林浴のできる室内は、

気持ちが安定し、さらに集中できる工房にパワーアップしたと思います。

この工房から新たな作品が生まれてくると思うと嬉しくてなりません。

膨大な手間と愛情から生まれる作品の後押しを、

今後、生命力溢れる木々のみどりが力になってくれることを期待しています。

建築と一体になったこの空間は、家族の憩いの場であるとともに、

鳥や昆虫たちの住処にもなってくれたらいいですね。

日々の暮らしの中で、季節の移ろい、音や匂いなどを

五感で感じとり新たな発見を楽しんでくれると嬉しく思います。

 

竣工まで2年あまり、本当にお待たせして申し訳ありませんでした。

根気よくお待ちいただき、また気持ちよく作業させていただき感謝いたします。

ありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

目に見えぬものこそ

これは渋川の現場で、コンクリートを使わずに水をため庭に沢を出現させるべく

沢底を突き固めているところです。

ここでは、埼玉県の児玉でとれた粘土で底を作っているので、

防水シートとコンクリートを使ってやるよりも、手間がかかります。

それでも、多少水が洩っても、庭に未来の産業廃棄物を残さず、

呼吸のできる地盤を作ることで多様な生物達にも住みやすい地となります。

同時に、この同じ児玉の土を使って土塀も作ります。

これは土塀の粘土のつなぎとするために藁を細かく切っているところです。

その土塀の骨組みと竹小舞をまず作ります。

土塀は三年以上前から試みたい庭の構造物でしたが、

家との調和を考えるとなかなかそのような空間はなく、今回念願の施工する機会をいただきました。

しかし準備は万全で、何度か休みの日に、木組みと土壁の家を作る深田真工房さんや

きらくなたてものやさんの現場へうかがい色々と教わってきました。

この竹小舞もそれを思い出しながら編んでみました。

沢底も土壁も同じ粘土なので、沢底で粘土と藁を裸足になって練り合わせ、

それをそのまま土壁へ、残った粘土は沢底の仕上げとします。

この写真は富山の専門学校からの研修生・A君が撮ってくれました。

とても芯のしっかりしている好青年です。

水につけて醗酵させた藁は、ほのかに良い臭いを放っていますが、

それを足で踏みつけて粘土とよく混ぜます。

そして竹小舞の隙間を埋めるようにしっかりと押し込んでいきます。

有害な化学物質の入っていない自然素材だからこそ、裸足で捏ね、素手で壁に塗り付けて

このような健康的な仕事ができ、健康的な庭を作ることができます。

最後は鏝でしっかりと仕上げます。

混ざり物のない粘土なので、乾燥するにつれ、もちろん割れてきます。

その割れを楽しむのも良し、上から仕上げ塗りをするのも良しと考えています。

自然素材だからこその、時と共に増す風合い、

それがどのような移ろいを見せるのか楽しみでなりません。

そして手前の沢底には、青梅の採石場から持ってきた石を入れ沢っぽさを出します。

粘土のままだとどうしても水が濁ってしまうことに加え、上流のゴツゴツ感を出すためには、

こうした仕上げになります。

苦労して突き固めた粘土は見えなくなってしまいますが、

こうした隠れてしまう目に見えぬものにこそ大切なものが含まれているのかもしれません。

この呼吸のできる沢に、様々な生物が住みついてくれて、そんな空間で庭主様一家が、

心地良い時間を共有してくれることを願っています。

このような機会をいただきどうもありがとうございました。(T)

雰囲気づくり

赤城山と榛名山を見渡せるちょうど真ん中の地、渋川。

澄んだ晴天の日には雪のかぶった武尊山も望めます。

施工初日は短い時間眺めることが出来ましたが、

その後、なかなか澄んだ山の姿を現してくれません。

いつ見られるかな、と想い続けることも楽しみのひとつです!

この庭のオーナーは小学校時代の同級生。

同窓会の時に庭づくりの話を伺ってから2年あまり、

大変お待たせしてしまった現場です。

 

彼女は現在陶芸家として活躍しています。

同じものをつくる人として、黙々と作業して形にしていく姿は本当に刺激をもらいます。

その工房と自宅リビングをつなぐ空間の庭園設計施工。

玄関やリビング、そして工房アトリエからと眺める角度が様々あり、

景色が展開していける空間づくり。

夫婦揃って山や自然が大好き。子供達も当然自然とのふれあいを楽しみにしています。

中庭で森林浴のできる、家族団らんのスペースとなり、

玄関を開けた瞬間から、深山幽谷の雰囲気を醸し出せる空気が流れるようにつくり込んでいます。

作業をしていると汽笛が聞こえてきます。

なんとSLが現場の目の前を走っているのです。ちょっぴり感動。

小学生時代にハマった銀河鉄道999と重なりました。

マニアたちが写真を撮る為に、朝早くから三脚を立てて場所取りをしています。

『テツ』たちに混じり私も写真を撮りに。

カメラ越しではあっという間に通り過ぎてしまいましたが、

迫力は堪能できました。複雑で手間のかかる汽車は電車には無い魅力を秘めています。

テツたちと少し話しましたが、2分後には専門用語が飛び交い話についていけませんでした。

この世界も深いですね。。。

着々と雰囲気づくりを進めています。

品の良い空気が流れるには、まだまだこれからです。

今週はようやく植栽。集中していきます!!

 

国際バラとガーデニングショウ

独立をして間もなく大きな壁に直面しました。

まだ今のようにパソコンの環境も良くなく、自分の仕事を知ってもらう術がありません。

なかなかうまく仕事に繋がらない。

そんなとき、たまたま立ち寄った造園屋さんにコンテストのチラシを頂きました。

『なんとかしなくては。』現状を超えていく大きなチャンスと思い応募したガーデンショウ。

あれから10年。久しぶりに協力者として作業をする機会をいただきました。

ワンステップ上に行く為に、自分を追い込み熱く語る想いに打たれ、少しでも力になれたらと思い。

ドーム内は植物や土の匂いであふれ、会場も活気にあふれています。

どの作品も情熱とアイデアに満ちあふれ、毎年毎年よく考えつくなと感心させられます。

彩り鮮やかな作品が目立つ中、私たちの作品は、re・birth(リ・バース)。

古代遺跡が風化して崩れ落ち、植物の力で再生していく生命の力強さを表現した作品です。

柱の文様はそれぞれ、水、地、火、風、太陽、月を表し、自然の中でいろいろなものが

合わさって命が生まれてくるという意味を込めています。

2階のスラブの上から砂が落ちてくると言う演出もあり、見る事が出来たらかなり運が良い方です。

写真ですと、うまく伝わりませんが、スケール感が大きく迫力のある作品です。

今週の20日、日曜日まで開催していますので是非ご覧ください。(16日、水曜日は休み)

 

中島くん、お疲れさまでした。納得のいくものが出来てよかったね。

ホッとしています。

賞おめでとう!!!

よい経験をさせていただき感謝いたします。ありがとうございました。

これからも宜しくおねがいしますね!!

 

 

 

根を回す

 

雑木林の新緑が一番色彩豊かな季節。

こんなにも新芽の色があるものかと思うほど、みどりのグラデーションが美しく、

山に咲く小さな花たちが色彩にアクセントをつけています。

鳥達のさえずりで雑木林は活気づき、生命力あふれる山に身を置くと、

穏やかな気持ちになり、強いエネルギーをもらった気分になります。

斜面地から花を咲かせているヤマブキです。

地味ではありますが、うぐいすが鳴き始める頃には咲き始め、

実も甘くて食べられるウグイスカグラなどが盛りを向かえています。

所沢の現場も、移植が芽吹きの時期と重なりました。

芽吹きの時期の移植は一番水を必要とするため、

根っこを切るとやわらかい新芽はぐったりとしてしまい、弱ってしまいます。

枝振りがよく素晴らしい木でも、突然の移植はできません。

根回しのできている、しっかりと準備してあるものを植え込んでいきます。

『雑木林の中で暮らしているような雰囲気にしてください』との希望でした。

話の中で畑仕事を趣味とされていることがわかりましたので、

庭の面積に対し大きく畑のスペースを確保して、ゆったりと楽しんでもらえるようになっています。

今回は建築の色が黄みがかったクリーム色です。

違和感のないように庭もある程度、色彩や質感を合わせていった結果、

はじめて使用した材料であふれましたが、味わいのある面白い雰囲気を醸し出してきました。

みどりが入ることで調和され、家もグッと引立ちます。

今回は新芽を傷つけることなく植栽を終えることが出来ましたが、気を抜くことはできません。

木の命を預かっているものとして、植物に無理はさせられませんから。

いつでもどんな時でも対応できるように準備を怠ってはならず、植栽から改めて学んだ気分です。

根回し、しっかりとした準備をすることで、はじめて可能になっていくこと。

未来に向かって、今何を準備していくべきか?改めて考えてみようと思います。(F)

所沢の庭 進行中

この川は、荒川へ注ぐ支流・柳瀬川のそのまた支流で、

東京都の清瀬市と埼玉県の所沢市を隔てています。

川岸にある桜は揺れる水面に花びらを落とし、

菜の花の黄色との対比がのどかな春を感じさせてくれます。

ここらに残る倉の土壁は、かつて周辺で採掘された身土不二の材料なのでしょうか、

このような色味の壁を幾つか見ることができました。

こんな川の畔の静かな住宅街で、新たな庭作りが進行しています。

庭の輪郭を描いている黄土色の石は、イタリアからやってきたもので、

トスカーナ地方では街全体がこの凝灰岩でできているところもあるようです。

凝灰岩は火山灰が堆積してできた岩石で、日本では大谷石が代表的です。

今回は、とても雰囲気の出せるこんな材料を使いつつも、

これから在来種の木々を植えて自然な感じにまとめ、

風土になるべく寄り添いながら、おしゃれな感じを出して行きます。(T)