藤倉造園設計事務所

木を読む

武蔵野市吉祥寺の現場でも、秋晴れの中、やっと植栽の日を迎えることができ、

この日まで辛抱強く待っていただいたお客様には感謝の念が尽きません。

この現場は、ウッドフェンスの塗装を家と同じ色の自然塗料で施し、

リビングを囲み込むような高いフェンスを中心に、段違いのフェンスが重層的に並びます。

フェンスだけができた時は、それだけがデーンとそびえ威容を放っていましたが、

木々が入ることで、調和がとれてきました。

作庭という言葉こそありますが、庭は作るというよりは、

バラエティに富む木の特性を読み、その良さを引き出していくものかもしれません。

それらを組み合わせることによって、木々の持つリズムが複雑に絡み合って、

響き合い共鳴していきます。

午後になると、家に映し出された木々の陰が心地よい風に揺れ、

家と庭の協奏曲が奏でられます。

リビングから見ても、道路からの視線をしっかりと遮られた空間は

市中の山居を思わせます。

石臼を置いたこの場所には、庭主様のお好みで水鉢などを置いていただき、

水を貯め、メダカを飼ったり、鳥が水浴びできる場所にしたりと

自由に楽しんでいただきます。

リビング前から奥へと続く蛇行した小道は、起伏を付けて山道のようにして、

二人のお子様が駆け回っている姿を思いながら、描いていきました。

扉を閉めているとこんな感じに見える玄関へのアプローチ。

扉を開けると枕木と御影石、ピンコロ石で合わせた三和土から

奥へと続く来客用の駐車場も目に入ります。

この奥には、まだ構想段階ですが、草屋根の自転車小屋を建てる計画もあります。

そして、庭の裏側には二期工事として木を植えコンポストを作る予定なのですが、

それまでの仮設のものとして、余った材料だけで作ったこのコンポストでしのいでいただきます。

植栽当日、二人のお子さんが学校や幼稚園から帰ってくると、一通り庭を楽しそうに駆け巡って

その後は、飼育している沢山のクワガタの中からお気に入りのものを持ってきて、

この庭で一番大きなコナラの木に放してスケッチしていました。

クワガタが木を登り子供たちの背の届かないところまで行くと、

とってあげて又下の方に放すという楽しい繰り返しを何度かすると辺りはもう真っ暗でした。

一植木屋としてできることは、木を読み、そのエネルギーを引き出して、

各々が健康的に響き合っていける手助けをすることなのかもしれません。

そんな庭が権威の象徴ではなく市井の人々と密接に関わり、街に森を作ることによって、

通りすがりの人も楽しめ、何よりも庭主様ご家族の暮らしを豊かにするものであれば

植木屋冥利に尽きます。(T)

 

 

人の気持ちの真ん中に届く

この6月に、板橋区のある店舗前の小さなスペースに植栽をするお仕事をさせていただきました。

モミジを主木に、エゴ、ダンコウバイ、ツリバナ、アズキナシなどを自然な感じで植えました。

今日、仕事が終わった後に訪ねると、日も短くなったせいか、

初めてライトアップされた夜景を眺めることができました。

この店舗の名前は、「桐乃坂中央軒」。

「中央軒煎餅」の新ブランドです。

「中央軒煎餅」の前身の煎餅屋さんはもともと赤坂にあって、

その地域には、桐の木がとても多かったそうです。

桐は高級家具の代名詞である他、女の子が生まれると桐の木を植え、

結婚する際にその桐で箪笥を作り嫁入り道具とする風習などが日本にはあります。

ここ「桐乃坂中央軒」の庭にもシンボルとして、小さいながらも桐の木を植えました。

大きなモミジなどの傍らで、小さいながらも主役であるこの桐の木は、

象徴的にライトアップされ、煎餅を買いに来られるお客様を迎えます。

このお店が満を持して、来る10月11日からオープニングイベントを開催します。

「中央軒煎餅」では、「人の気持ちの真ん中に届く、上質な米菓子をつくり続ける」ことを

一番に考えていらっしゃいます。

そんな煎餅を頬張る道すがら、私どもの作ったちょっとした庭も、

ちらっと目の片隅にでも入れていただけるとありがたいです。(T)

眠れぬ夜が明けると

お彼岸も過ぎ、空模様も深まる秋を感じさせます。

現場では、蚊の一生も終盤を迎え、この世の最後とばかりに猛威を振るっています。

痒さからくる小憎らしさの反面、一抹の哀れみを感じつつも、

人間としても出血大サービスをするわけにもいかず、蚊取り線香のお世話になっています。

長らくお待たせしてしまいました、こちら横浜市都筑区のお客様の現場でも、

ようやく植栽日和の続く時候となり、まずは土入れをしました。

この殺風景な景色がどう変わるか、ご覧ください。

木には、木自身が植えてもらいたい場所があります。

その場所へ適切に収めると、木を植えることで却って空間を広く感じられます。

それぞれの木を単独で愛でるのではなく、木々の醸し出す雰囲気、

木と木の間の佇まいを感じられるように、空間を描いていきます。

実も沢山なっています。

これは、アオハダの実。

爽やかな新緑も秋に黄色く色づく葉もとても美しい木です。

他に、エゴ、ヒメシャラ、ヤマボウシ、ナンテンなども実をつけています。

鳥達が遊びにやってくるのも時間の問題でしょう。

こちらはナツハゼの実。

和製ブルーベリーともいわれ、アントシアニンや抗酸化成分は

ブルーベリーの倍以上あるそうです。

生でそのまま食べても、少し酸っぱくてとても美味しいです。

こちらはツリバナ。

その名の通り吊り下がっている実が、ぱかっと四つに開きます。

木々が入ることで、構造物が包み込まれ穏やかな表情にになります。

テラスの横のこの場所には水を落とし、目をつぶっていても音で自然を感じられるようにします。

テラスへと続くアプローチに下草が強弱を付けます。

植栽は、大工さんで言えば棟上げにあたるでしょうか。

前日は、期待と入り交じった不安で眠れないものです。

こうして木々が、それぞれの個性を活かせるよう適材適所に収まってくれると、

安心感と満足感で、一日の終わりにいつまでも水を撒いていたくなります。

武蔵野市吉祥寺の庭 進行中

何気ない仮設のフェンスのまま、長らくお待たせしてしまったこの空間でも、

フェンスの骨格作りが始まりました。

この手前にはリビングの大窓があり、そこを囲うように目隠しのフェンスを作ります。

用途が第一の構造ですが、それがかつ意匠でもあるように設計しています。

全面を遮断してしまうと圧迫感がありますので、

材木を前後に打ち付け陰影を出し、光と風が通るようにします。

この現場は、井の頭公園のすぐ近くの抜群のロケーション。

昼休みは弁当を食べに木陰へ、食後は池を一周、心が安らぎます。

池では、週二回増えすぎてしまったブルーギルやブラックバスなどの外来魚を捕獲しています。

日本にもともといたクチボソなどは、どんどん減ってしまっています。

そうすると、それを食べる鳥もいなくなり、全ての歯車が狂って生態系が壊れてしまいます。

あらゆることが繋がっているのですね。

植物の外来種はどうなのだろうといろいろ考えたり、調べたりもしてみたのですが、

こちらはまた機会を改めて書いてみようと思います。

土曜日ともなると、カップルや家族連れで賑わっていて、幸せな空気に満ち溢れています。

そんな道すがらの人々をいろいろなパフォーマンスで楽しませてくれます。

さて、気合いを入れ直して現場へ戻り、玄関までのアプローチを作ります。

勾配があったので、枕木と御影石、ピンコロ石で階段にしました。

それ以外の部分は、現場で採れた黒土も使い三和土にします。

コンクリートの硬質な印象とは違い、柔らかな土の質感が気に入っています。

構造物は、あと少しで完成します。

その後は、また少しお待たせしてしまうことになるのですが、

木々と下草が入り石が入ると、どう景色が変わっていくのか楽しみでなりません。(T)

 

 

住環境としての庭

剪定作業をしていると、よく鳥の巣を見かけます。

鳥の巣があれば、親鳥が雛に餌を与えるため、植物にとっては敵である

虫をいっぱいとってくれるのでなるべく残します。

今日あったものは、既に巣立った後なので取り外して観察してみました。

ビニールのような石油製品に溢れているのは、もちろん人間界だけではありません。

巣の外部は、ほとんどビニールです。

しかし鳥たちは、決して巣の内部には、ビニールのような化学製品を使いません。

鳥に難しいことがわかるかどうかはわかりませんが、我が子の健康を守るための

本能は失ってはいないようです。

我が身を振り返って、私達人間はどうかと考えると、なかなか胸を張れる状況ではないようです。

私達の住まいに溢れる化学物質が、ハウスシックなどを招いています。

人間は家を作りますが、家もまた人間を作るといいます。

どんな住まいで幼少年期を過ごしたかということが、その人の人格形成に影響を与えるそうです。

住まいというと、大工さんの作る箱物ばかりを考えそうですが、

庭もまた住まいの一部であると思います。

緑のある庭の中に家があり、そこで暮らす家族がいる。

本能を失わず、鳥さん達の住まいに負けないような自然の摂理にかなった住環境を

提供したいという思いで、庭作りに励んでいます。

その住環境としての庭を作るのが私達の役割です。(T)

季節のグラデーション

今日は、ウッドフェンスの材木の塗装です。

当社では、以前は使っていた有機溶剤の使用をやめました。

自然塗料には、外部空間でも使える柿渋を始め、様々なものが出てきておりますが、

今回はお客様が用意してくれたドイツ製のこの塗料を使います。

スタンドオイルというものを主成分としていて、能登半島の漆職人も

好んで使うというほど、食器に使っても大丈夫なものです。

有機溶剤を使っていた頃は、目がしばしばしたり、頭が痛くなったりすることもありましたが、

この塗料は、アロマオイルを焚いているかのように、良い香りで気持ちよく作業ができました。

作業は、近所の植木畑を借りて行いました。

秋を感じさせる青空を背景に、ムクゲが輝いていました。

二十四節気では、明日から「白露」です。

本格的に、秋が始まるということのようです。

畑では、ハナアブが、去り行く夏を惜しむかのように、花粉まみれになっていたり、

シオカラトンボや、

赤とんぼも、飛び交っていました。

こうして、エゴの実も膨らんできました。

今日、塗るべきものを全て塗り終え一服していると、さわやかな風が吹き抜けていきました。

現代は、四季というように、一年を四分して、

または、初夏や晩夏のようにもう少し細かく捉えたりしていますが、

ほんの少し前までは、二十四節気のように、さらに細かく季節を感じていたようです。

私達は幸いにも、そんな風を敏感に感じられる職業です。

繊細な感受性を呼び覚まして、ちょっとした季節のグラデーションを

感じ分けていけたら良いなと思います。

一年に一度しか巡り会うことのできない、そんな一瞬、一瞬を、

大切に、大切に慈しんでいきたいものです。(T)

武蔵野市吉祥寺の庭 始動

今日から吉祥寺の庭に取りかかります。

まずは、目隠しでもありながら、意匠的にも楽しめるウッドフェンスを作ります。

そのため、朝一で市場に材木を買いにいきました。

空気がカラッとしていて、空を見上げると、もう秋の雲がありました。

現場へ行く途中、スタジオジブリの「草屋」を通ります。

在来種の雑草と野芝が屋根一面を覆っている草屋根がきれいで、

この道を通るのは楽しみです。

ここ吉祥寺のお客様も、工事開始までお待たせしてしまうことになったので、

その間の仮設フェンスが作ってあります。

既製品のオレンジ色のフェンスはよく巷で見かけますが、

余った材木と剪定枝だけで無造作に作ったフェンスです。

作った当初は、まだ剪定枝に葉っぱもついていて、

また違った味わいがありました。

何でもないものですが、一時をしのぐものとして、

あるものだけで作ったこのフェンスも結構気に入っています。

この空間に、これから息を吹き込んでいきます。

どうぞ、よろしくお願い致します。(T)

 

 

 

 

渋谷区広尾の庭 再訪

渋谷区広尾のこの現場は、付近に各国大使館や山種美術館などもあって、

とても閑静で落ち着いた住宅街にあります。

昨年の春の完成から一年半の時を経て、剪定と追加の植栽にうかがいました。

お客様が、限られた土地をとても有効に活用されていて、獅子唐やピーマン、茄子なども

一夏楽しめたようです。

これは、施工前の写真です。

リビングは二階にあり、そこから張り出したデッキの下が庭のスペースです。

デッキの真下には、三和土のテラスを作り、その周囲を植栽スペースとしました。

三和土の土は現場で採取されたものも使います。

施工時は、ちょうど桜の時期で、

その花びらと共に、木漏れ日が三和土の上に影を落として揺れていました。

その頃は、土留めの石もまだ庭に馴染んでおらず浮き立っていましたが、

こうして、一年半の時が流れ、しっくりと落ち着いてきました。

ブランコは、ご主人様が二人のお子さんのために据え付けたものです。

庭には、ブルーベリーやジューンベリーがあり、収穫を楽しめます。

施工時には、まだ照れてはにかんでいたお嬢さんが、

五歳になり、「ブルーベリー、酸っぱくて美味しいね。赤いのはまだ駄目だよね。」

などと、とても楽しそうに話しかけてきてくれたのが、本当に嬉しかったです。

庭には、そこに住まわれているお客様の暮らしがあり、

お子様が成長していくように、庭も育っていきます。

どうぞ、これからも、よろしくお願い致します。(T)

飯田十基の雑木の庭

「雑木の庭の創始者」である近代庭園の巨匠、飯田十基氏の自邸です。

東京都心にありながら、足を踏み入れると自然の雰囲気、空気感が漂っていて、ほっこりと優しい気持ちに包まれます。

作り手の腕の良さを見せないさりげなさ。ずっと眺めていて飽きのこない庭。

近代造園史上、重要な意味を持つこの『旧飯田十基邸の庭』もまた、消滅という定めから逃れることは出来ませんでした。

8月上旬、最後の見学会が開かれました。閑静な住宅街のため、人数を絞っての公開となりました。

初めて飯田邸を訪れたのは10年ぐらい前、石正園代表、平井孝幸氏に連れて行っていただいたのが最初です。

流れが庭を横断しているのですが、実に巧みな流れで、少量の水でこんなに表現出来る凄さに驚のを記憶しています。

今回で4回見せていただきましたが、見るだびに新たな発見があります。

植栽も雑木ばかりではなく、梅やハナミズキ、カルミヤなど里木も植わっています。

本来ならば雰囲気を出していくために山木でまとめ、里木は外していきますが、

名人であると関係ないですね。

結局、何の樹木が植えてあるではなく、空間性や方向性、間の取り方や強弱、高低差など、

素朴な材料でメリハリのある仕事をすることで、流れる空気は違ってくるのだと感じております。

形あるものはいずれ壊れ、滅びてしまい残念ですが、幻の庭園を見て感じることが出来たことは

幸せなことであり、少しでもその精神を受け継いでいき、次の世代に伝えていきたいと思っています。(F)

雨との響演

現場へ向かう道中には、とても心の安らぐけやき並木があります.

ぶつ切りにされてしまう街路樹が多い中、その木本来の樹形を保っているので、

強剪定に反発して、枝がブワーッと出ることもなく、

葉がそよそよと気持ちよく揺れています.

現場の近くには、ひときわ高い大木が一本そびえていて、

作業を見守ってくれていました.

昼休みに、その方角に行ってみると、庭木がきれいに手入れされたお寺があり、

その銀杏からは、乳状下垂とよばれる気根が多数ぶら下がっていました.

銀杏の老木が、なぜ、このような形状になるのかは、わかっていないようですが、

雄株だけの現象のようです.

そして、現場では、この雨の中、様子を見つつ作業を進めました.

三和土は、ある程度固まった後、削り出して、より良い質感へと仕上げていくのですが、

その過程の中で、今回は、雨の足跡をも味方につけてのものになりました。

自然の造形を生かした、雨との響演といったところでしょうか。

構造物は、おおかた完成したので、今後、暑さが和らぎ次第、

植栽を始めます.(T)